睡眠時無呼吸症候群の検査が当院でも受けられます。

[ 更新: ]

いびきでお悩みの方の中に、睡眠時無呼吸症候群と診断される方がいます。

高血圧、不整脈、動脈硬化などの原因の一つであり、運転中の傾眠による大事故を引き起こし話題となった疾患です。

主な症状は、特有のいびき、昼間の眠気、熟睡感が無い、起床時の頭痛などです。

診断には簡易睡眠ポリグラフ (PSG) 検査を用います。当院では入院設備はありませんので、ご希望の方のご自宅まで検査の担当者が伺います。「緊張して眠れない」といった問題も無く自宅で検査が受けられます。

治療の一つに、持続的陽圧呼吸療法(CPAP) があります。診断基準を満たす方は当院でも導入できます。

無呼吸についてご心配な方は、まずは一度検査を受けてみることをお勧めします。